ショートハンド

マージンとかパディング、ボーダー、バックグラウンドなどのCSSを指定する際に、
ひとつひとつのプロパティをバラバラに記述するのではなく、まとめて記述することをショートハンドと言います。

ショートハンドを使うことによって、ダラダラとした記述がスッキリとします。

それぞれの記述方法例です↓

基本的にmarginとpaddingは時計回りに記述します。
数値と数値の間は半角スペースを空ける。

1. margin関連プロパティを一括指定の場合

2. padding関連プロパティを一括指定の場合

3. border関連プロパティを一括の場合

4. backgroundを一括指定の場合

その他、font関連についてもショートハンドを使えますが、
数も多いうえに、順番を間違えたり、必須なものもあるので割愛します。

:: スポンサーリンク ::

posted by そば富泉

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)