通販そば屋 富泉が運営するレシピサイトです。お客様専用レシピ~コンテストレシピまで。
:: スポンサーリンク ::

最近はめっきりと使う店が少なくなってきている通し言葉。

通し言葉というのは、スタッフ同士でわかる共通の業界用語とでも言うんでしょうか 笑

ちなみに富泉では現在も使うことあります。
(まあお店はないのでお客様に聞かれることはないですが・・)

一般的な通し言葉を紹介します。

1.【たぬき、つき3杯きつね】
たぬきがついて3杯きつねです。
つまり、たぬきが一杯、きつねが2杯という意味です。
“つき”というのは左側に来る言葉が一杯であることを意味しています。

2.【たぬき、まじり6杯きつね】
たぬきが2杯、きつねが4杯という意味です。
“まじり”というのは左側に来る言葉が二杯であることを意味しています。

3.【うどんそば6杯たぬき】
うどん、そば、それぞれ三杯づつという意味です。

4.【そば勝ち21杯たぬき】
そばが11杯、うどんが10杯という意味です。
そばが一杯勝っていると、いう意味です。

5.【土用・寒(どようかん)4杯たぬき】
たぬきが2杯、冷やしたぬきが2杯という意味です。
土用は温かいもので、寒は冷たいものを意味しています。

6.【さくら】
さくらを使う例ですと、【もり一枚さくらで】っという感じです。
さくら=少なくという意味で使います。

7.【きん】
きんを使う例ですと、【もり一枚きんで】っという感じです。
きん=大盛りという意味で使います。

posted by そば富泉

:: スポンサーリンク ::
IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • レシピ(記事)を検索

  • Category

  • ソーシャル