通販そば屋 富泉が運営するレシピサイトです。お客様専用レシピ~コンテストレシピまで。
:: スポンサーリンク ::

「 手打ちそば 」 今ではすっかり市民権を得た言葉となっていますが、
一体いつから、どのような意味でその言葉があったのか。

答えは謎~ ですが、『反古染』(越智為久著/宝暦三年/1753写)という史料には、
「元文(1736-1741年)。の頃より夜鷹蕎麦切、其後(そのご)手打蕎麦切、大平盛り、
宝暦(1751-1764年)の頃、風鈴蕎麦切品々出る」

っと、あるようなので、江戸の中期頃にはあった言葉だったようです。

いつからかということは深く追求しないとして、なんで「 手打ち 」という言葉なのか・・・ ^^;

手で作ったものも(道具は使います)、機械で作ったものも、
その工程において「 打つ 」と呼ばれるような作業が存在しないんです ^^;

「 水回し 」「 練り 」「 延し 」「 切り 」そのあと、言うとするならば「 振るう 」
この一連の作業の中に「 打つ 」という表現にふさわしい行動はまったく存在しません。

一般的な打つに対する見解は
「手打蕎麦切」の「手打」は、事の成就を願って「手を打つ」。
無事終わったことを祝して「手を打つ」、「敵を打(討)つ」などの意を持たせた造語であったとのでは?と。

現代のそば屋の冗談話で「 そばを作るときにパンッと、手を打ったら手打ちだよ 」
なんていうのもありますけど 笑

本当のところは定かではありませんが、どうもしっくりとこない、この「 そばを打つ 」をいう表現。

個人的には「 そば作り 」という表現が好きです ^^*
そこに作り手の思いがあるのですから。

道具や機械に使われずに、自分自身がその特性を良く理解し使いこなす。
食される方の「 美味しい 」の言葉、笑顔のために作るのですから。

posted by そば富泉

:: スポンサーリンク ::
IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • レシピ(記事)を検索

  • Category

  • ソーシャル